新型コロナウイルスの蔓延で
落ち着かない状況が続いていますね。

Charkhaは、今のところ
変わりなく営業を続けています。

朝起きた時に体温を測り
問題なければ準備を始め
OPEN前の清掃でお客様が
触れる可能性のある場所を
消毒し、手の消毒もし
お客様がお帰りになられた後に
も同じように消毒をしています。

お客様を招くことに
不安を感じることは
ありませんが
これから先、状況がどのように
変わるかわかりませんし
サロンを休業することも
頭に置きながら
続けて行きたいと思っています。

その決断は
氾濫している情報からではなく
接客をしながら感じ取ったこと
自身を見つめて感じたことから
判断すると思います。

情勢を見据えながら
自身の内側の感覚に従うことが
正しい判断に繋がると信じています。

東日本大震災のあった直後も
そのようにしながら
営業を続けていました。

”互いに触れる触れられることに
不安を感じていないか?”

”余震が来た時のお客様のご様子は?
自身の不安感のレベルは?”

パートナー(お客様)を見つめ
自身を見つめながら
常に今に気づいていることを
意識していました。

・・・それは特別なことではなく
エサレンボディワークゆったりセラピー)が元々
そういうものであるのですが。。。

ウイルスで世の中が
ザワザワしはじめてからも
淡々と”見つめ、気づく”ことを
繰り返しながら施術をしています。

そのように触れていると
不思議に心穏やかにいられるものです。
自身としっかり繋がることで生まれる
安心感なのだと思いますが
お客様も深くリラックスされています。

不安が蔓延する状況だからこそ
体の感覚から深く安らぐことが
必要とも言えるのではないでしょうか。

お客様からの信頼を裏切らないよう
セルフケア、サロンの
環境管理(消毒、換気etc)
を引き続きしっかり行いながら
リラクゼーションを
提供していきたいと思っています。

ー お客様が触れる場所の消毒についてー

日頃、charkhaでは
アロマオイルを用いて
サロン内の掃除をしていますが
新型コロナウイルスの感染が
広がり始めてからは
厚生労働省で紹介されている
台所用漂白剤を薄めたものも
消毒液として使っています。

(人の体にも環境にも
良くないということで
使用を避けているモノが
命を守るモノになっている。。。
化学物質と自然物質が複雑に絡み合い
未知なるモノが生み出されていく現状が
映し出されているように感じます。(余談))

消毒液の作成方法は
厚生労働省のHPで紹介されています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00009.html
0.05%の次亜塩素酸ナトリウム(薄めた漂白剤)で拭いた後、水拭きするか、アルコールで拭きましょう。トイレや洗面所の清掃をこまめに行いましょう。清掃は、市販の家庭用洗剤を使用し、すすいだ後に、0.1%の次亜塩素酸ナトリウムを含む家庭用消毒剤を使用します。

新型コロナウイルスの感染が
落ち着いていくことを
ただただ祈るばかりです。

感染の蔓延により、心身や経済的に苦しい思いをされている方々に
必要なサポートが訪れますように。

*写真は、お客様が送ってくださったものです。
自然は美しいですね^^ 癒されます◎